2015年11月19日

帰省F


美味しいケーキ屋さんのケーキに飢えていたのか・・・

僅か10日の間になんと6回もケーキを食べた(研究研究!)

ダントツ美味しかったのは 昔からず〜っと好きな喫茶店「しろたえ」のレアチーズ

やはりほんとうに美味しいのひとこと 毎年食べなきゃ気が済まない

唯一無二の味と食感 ほんとうに美味しい 酸味と甘みのバランス 

滑らかでねっとりとした食感 

そしてイマドキのパティシエが作るようなゴージャス感というか

「これでもかっ!」みたいなのを感じない「奥ゆかしさ」が好ましい(笑)

ほんとうに素晴らしいケーキだといつも思う

もし自分がお金持ちなお年寄りになって あの界隈に住んだとしたら

杖をついて毎日同じ時間にあのケーキだけを食べに通いたい


20151117しろたえのチーズケーキ.JPG


そして今回「しろたえ」の次にうなったのが

平塚の「せぱまる」というケーキ屋さんの「りんごのタルト」

去年お友達のEさんから教えてもらったこの「せぱまる」は

近いこともあって3回も行った

今回何種類か食べた中でダントツの1位が「りんごのタルト」

残念ながら写真はないんだけど

なんとなくクリスマスツリーのような見た目で

パートシュクレに濃厚なカスタード

そしてキャラメルの苦みもあるスライスりんごが何枚も美しく重なっている

甘み・酸味・苦みがちょうどいい ほんとによくできたケーキ

近くにこんなに美味しいケーキ屋さんがあるのは幸せなこと

お陰でRJはかなりふっくらとなったようです

どうぞ頑張ってダイエットしてください お願いします

ちなみに「しろたえ」も「せぱまる」もシークリームもとても美味です



posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

12月のこといろいろ TOKYO編


東京に上陸したその足で向かったのは青山スパイラル

鹿児島の友人=RHYTHM・Iさんの革作品の展示へ

シンプルで丁寧に作られた素敵な作品たち

そんな中から もうすぐ鍼灸のサロンをオープンさせる大切な友人へ

革で作られた観葉植物用の鉢カバーを購入


20141224スパイラルへ.JPG





その後は純名里沙さんのライブのため 同じ南青山のICHOさんへ

ギターはもちろん大好きな笹子重治さん

40名限定の贅沢なライブを堪能


20141224純名さんライブ1.JPG


20141224ライブごはん.JPG
ICHOさんのスペシャルなクリスマスBOXとシャンパン付き!
どれもほんとうにおいしかった!


20141224笹子さん純名さんと.JPG


ここのところ屋久島で 帰省中の東京で毎年笹子さんのギターを聞いているけれど

毎回ほんとうに素晴らしいなぁと。。。

そして森祭りで初めてお目にかかって歌を聞かせて頂いた純名さん

初めて間近で見させて&聴かせてさすがの表現力&は圧巻

そしてめっちゃ美しかった。。。なのにめっちゃ気さくな方

なにからなにまで素敵で輝いていました




翌日は大切な友人がもうすぐオープンさせるサロンのお手伝い

その後三茶のお気に入りのコーヒー屋さん=オブスキュララボラトリーで一杯

午後は友人のTが勤める陶器の会社で打ち合わせ・・・と芸能人のような一日(笑)


20141225たまきと打合せ.JPG





28日は 毎年再会を楽しみにしているお友達と

最近賑わっていると噂の清澄白川へ

美味しいコーヒー屋さんや帽子屋さんなどへ行きながら清澄散歩


20141228清澄の北欧コーヒー屋2.JPG
ALLPRESS ESPRESSOはニュージーランドのコーヒー屋さん
洒落た外装&店内


20141228清澄の北欧コーヒー屋.JPG
なぜかホットチョコレートをオーダー(笑)
ベーグルサンドは美味しかったけどかなり高かったよぅ(なんと800円越え!)


20141228アライズコーヒー.JPG
ここのコーヒーは噂通りほんとうにおいしかった(アライズコーヒー
ここは焙煎と豆の販売がメインだけど店内でも飲める
なんと230CC位でたったの350円!


豆はスペシャルティだしさすがにいいお値段だったけど思い切って購入

いやいや参りました!って感じのお味

お兄さんも感じがよくてまた行きたいなって感じ


20141228スカイツリー.JPG
初めて見た完成形のスカイツリー
このくらいの距離で見る感じがいいような気がする


清澄白川は来たことはあったけど 街歩きは初めて

なかなか落ち着いていていい感じの街でした

もうすぐサンフランシスコのブルーボトルコーヒー

この街にやってくるらしい

これからいい感じに「大人の街」になっていってほしいな





30日はRJの大学の友人たちと忘年会

毎回同じ卒業生のような感じで参加しているあたし(笑)

それぞれが誇りを持って楽しんでクリエイティブな仕事をしている面々

そんな彼らと話すのはいつも刺激があって楽しい

今年も代々木八幡のLIFEで美味しいイタリアンを頂きながら楽しい忘年会でした





残りの日々はRJ実家で 簡単なおせちの準備を手伝ったり

午後は近所の公園に走りに行ったりしてのんびり過ごした

紅白は年々つまらなくなっているからあんまり見ないけど

サザンはよかったな〜

「ピースとハイライト」天晴でした!

ああいうアーチストがいるということは日本の宝だと思う


・・・ってな感じであっという間に新しい年が明けたのでした


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

ゴールデンウイークのことなど


3月24日にスタートした今年のノマド

早いものでもう1ヶ月 そしてもうすぐゴールデンウイークってやつがやってくる

予定では臨時営業して11連勤

今年は週休3日にしている分 こういう時に頑張らなくっちゃってことで・・・

それに向けて色々と準備

雑貨も充実させるべく ちゃくちゃくと

今日は街に待った文具たちが届いた

期待通りとても素敵で かなりテンショングッド(上向き矢印)

中でも鳥柄のマスキングはオススメ!かわいい!!!

その他のノートや薄葉紙やマガジンペーパーのメモ帳

ロービキの箱や活版の日記帳とか・・・

そこはかとない懐かしさに 新しいデザインが加わって更にいいものになっている感じ

少々いいお値段のするものもあるけれど

ほんとうに気に入ったものを吟味して 手元に置きたいと思う今日この頃

そんな思いを込めて いいものをセレクトしていきたいなぁと思う

今日は大荒れのお天気 どうも明日の朝まで続くらしい

明後日からはどんなかな?

せっかくのゴールデンウイークはスカっと晴れてほしいもんだ

posted by ノマド at 23:35| 鹿児島 ☔| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

蜂のいる暮らし


蜂はいいや〜なんて思っていたんだけれど

まんまとMr.YAMASHITA MAGICにハマり(笑)

「蜂」を始めてしまいました

あの笑顔で あの口調で・・・「蜂のいる暮らしはいいですよ〜」なんて言われたら

誰だってやっちゃうでしょう

そして我が相方 せっせと巣箱を作り 分けていただいた蜜蝋を巣箱に塗り・・・

3日前にカフェの庭に設置(二ケ所)

ほんとに来るんだろうか・・・と思っていたら 

なんと翌日の朝 来たんです 蜂の大群が!!!

コーヒーを飲もうと庭に出たら巣箱のまわり中ミツバチだらけ

スゴイ!!!

相方の作った巣箱と山下さんの蜜蝋が気に入ったご様子で

どんどん巣箱の中に入っていくではありませんか

せっせと働くミツバチの様子 確かに飽きないのです

蜂たちが巣箱に入るまでのいろんなことや 蜂蜜を採取できるまでのこと

解らないことが沢山あるあたりも魅力のひとつなのかも

面白いことになっていきそうです

posted by ノマド at 09:30| 鹿児島 | Comment(2) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日


「今が大切」って思っていても 頭では分かっていても

ついつい「今」をないがしろにして「過去」を振り返り「未来」を心配する

勿論 必要なこともあるけれど

何が大切かって「今」なんだよな

分かっていながらできずに つまらないことを気にしたり つまらないことを考えてイライラしたり 怒ったり・・・

ついついそんなネガティブ思考になっていた時に

たまたま見た尊敬するyogaの先生のことば



「目先のことに捕われ過ぎて、思い過ごし程、厄介なことはない。近い将来に、起こるかどうかも分からないことをウジウジ考えること程、厄介なことはない。もう過ぎてしまったことを、ああすれば良かったのに、こうしていたら違う所に行けていたかもなんて後悔した所で、何かを変化させる力なんて湧きっこ無い。やっぱり、観察すべきは、今、アタシに何が起こっているかということ。喜劇であれ、悲劇であれ、目の前に繰り広げられている人生のチャンバラ劇をありのままに観て、観終わったら、手放すしかないのだ。」



110624光るプルメリアの葉たち.JPG



今・今・今・・・毎日呪文のように唱えたら「今」を意識して「今」をちゃんと楽しんで行かれるかな なんて(笑)


posted by ノマド at 23:31| 鹿児島 ☔| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

帰る場所



こっちに戻ってくると必ず行く場所がある。それは「友永ヨーガ学院」。ヨーガの老舗的存在のこの学院。スポーツジムでヨーガを始めてから暫くは、自分にどんなヨーガが合うのか、とにかく色々な教室やWSに行きまくった。その結果、数年前にたどり着いたのがこの学院。一年に一度この時期に数回レッスンに参加するだけだけれど、ココロとカラダがリセットされる気がしている。院長の淳子先生も、息子さんの乾史先生も毎年快く迎えて下さるのが嬉しい。そしてなんとも言えぬ穏やかな気持ちになって帰ってくる。

今時のファッショナブル(?)なイメージのヨーガ教室とは一線を画し、とはいっても来る者は拒まずな感じの開けた雰囲気がここにはある。本格的なのにストイック過ぎない感じが、いつもいいなぁと思う。年齢層は恐らく、他の教室より高いと思うけれど、先生も生徒もみんな元気で輝いて見える。そんな人たちにはまだまだ遠く及ばないけれど、その方々の恩恵にあやかる気持ちでいつも参加させて頂いている。

今回は淳子先生のクラスに1回、そしてこの間はイランから一時帰国中の友人=Iっちと共に乾史先生のレッスンに参加してきた。Iっちとはこの間、ほんのちょこっと一緒にヨーガをしたんだけど、その時に明らかにその日のカラダの調子が違ったそうな。運動不足になりがちなイランでの生活。その一部にヨーガを取り入れられれば・・・なんて話をしていたから、今回誘ってみたという訳。

みっちりと30分以上カラダをほぐしてからのアーサナ。トータルで2時間ほどの贅沢なレッスンは、Iっちにとっても勿論あたしにとってもココロとカラダが解きほぐされるいい時間だった。レッスン後も先生とヨーガやイランの話をして、乾史先生とIっちもいい関係を持つことができた。

思えばちょうど1年前には、その頃もうすぐインドに旅立つ友人のOさんとこの場所に来た。彼女のパートナーと乾史先生が、別のお友達を介してそのちょっと前に知り合っていたのだ。そのことが偶然分かったこともあり、一緒にヨーガに来たのだった。そして彼女は今ニューデリーでヨーガをやり始めている。

こうして人と人とが繋がっていくこと、それがまさしく「YOGA」なのかも知れないなぁ、なんて。。。今回も色々な場面で偶然にも「繋がっている」ことが多くあった。でもそれは「偶然」に見えて「必然」なのかも知れないと思う。お互いが引き合うというのか。。。でも変にスピリチュアルに捉えるつもりは全くなくて、単純に面白いなぁと思う。そんな出会いを、どこにいてもいつも楽しんでいる。

そうそう、今回は荻窪スタジオの2階に新しくオープンした学院のカフェに伺うのも楽しみにしていた。まだメニューは少なく「これから」という感じではあったものの、開放感のある明るいカフェ=アンナプルナ。


110108アンナプルナの軽食とチャイ.JPG


できるだけオーガニックなものを使用した、カラダに優しいメニュー。がっつり食べたい時には勿論足りないけれど、ヨーガを終えたばかりのカラダには丁度いい感じの軽食的プレートだった。そしてソフトなスパイス感のチャイ。よく噛んで、ゆっくりと味わって頂きました。ジャガイモのサブジ、美味しかったな〜。ほんとに。

残りの滞在中にもう一度行かれるか・・・とにかくここはあたしの帰る場所だと、勝手に思っているのです。そしてこの学院のように、寛大な気持ちで人を受け入れられるようになれたら・・・といつも思って帰ってくる。ってまだまだだけど、そういう思いは持ち続けて今年も精進してゆこう。

posted by ノマド at 23:47| 鹿児島 ☀| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

読書の秋は恋の秋


屋久島に来てからというもの、めっきり読書の時間が減ってしまった。って、屋久島のせいにするつもりはないんだけど、読書は大抵通勤時間にするものだったから、車移動が主流の島の生活スタイルに、うまく読書を組み込むことができないまま今迄きてしまったのだ。

それでも「読みたい欲」はいつもあった。そしてこの間、久々の鹿児島本屋巡りでその欲の火が再燃した模様。梅佳代さんの写真集と荒井良二さんの絵本の他は、今迄読んだことのない作家さんの小説やエッセイを数冊購入した。

桐野夏生 「東京島」
川上弘美 「真鶴」
平松洋子 「おもたせ暦」
堀江敏幸 「めぐらし屋」
吉川めい 「素足のままで」

小説の方はもう全部読んでしまった(読みたい方はノマド文庫で貸し出し可)。そのタイミングでサンヒロに遊びに行った時に借りてしまった懐かしのマンガ=「闇のパープルアイ」。泊りに行く度に一冊ずつ読んでたんだけど、今回ついうっかり残り全部を借りてしまったら、まんまとハマってしまったわたし。

ひねりとかは全くないストーリー展開。ちょっと怖いストーリーではあるけど、ヒーローが居てヒロインがいて、ものすごい悪と、悪だけどカッコイイ人が居て・・・事件があって色恋沙汰があって。もう少女マンガの王道ですよ。


101026闇のパープルアイ.JPG


あのマンガを初めて読んだ「少女」の頃は、恐らくヒーロー的なただただカッコイイ人が好きだったと思うんだけど、今読むとちょっと悪い方の人に魅かれてしまう。「ちょいワル」はやはり女心をくすぐるのだと思う。只今「小田切さん」と「暁生」に二股をかけているわたし。恋です、恋!

きっと今頃Kちゃんも、どっぷりとあの世界に浸かり、どちらかに恋をしているに違いありません。スタッフ間で恋愛のトラブルが勃発しそうです。

ちょいワルのふたりに想いを残しつつ、あたしは昨日図書館から借りてきた本の2冊目を読んでいる途中。その名も「恋愛小説」。川上弘美・小池真理子・篠田節子・乃南アサ・よしもとばなな。5人の女性作家たちが書いた、それぞれの恋の物語。恋のはなしは穏やかな春よりも、夏の暑い時よりも、凍える冬よりも「秋」に読むのがしっくりくる気がするのはなぜだろうか。

この読書熱・マンガ熱は暫く続くでしょう。何かオススメの小説・エッセイ・マンガがあればご一報を。


posted by ノマド at 23:54| 鹿児島 ☁| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

morning yoga


8月から始まった、ホテルでのmorning yoga。昨日は生憎のお天気で室内だったけれど・・・晴れている時は最高の眺めの中、日の出に合わせて太陽礼拝。贅沢な時間。

ちょっと前まではホテルに付く頃には明るくなっていたのに、先週からは「朝は夜の続きなんだ」と思わされる。日が短くなっているのが顕著なここ数日。それでも暑くもなく寒くもなくという季節は気持ちがいい。外yogaの季節、到来。


101009プールサイド.JPG
屋久島とは思えない、リゾートな感じの眺め
10月1週目の日の出前の景色
いい色


あと残すところ3回。晴れるといいなぁ。。。


posted by ノマド at 09:00| 鹿児島 🌁| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

プチ断食中です

実は今、「プチ断食」をしております。目的はなにか・・・と言われると明確には答えにくいのですが、「ダイエット」でないことは確かです。

きっかけは昨年末、ヨーガのWSに参加した時に「吉川めいさん」が、1年に1度大好きな桃のシーズンに「桃のジュース断食」をしていると聞いたことから。。。別のヨギ-からも、断食後は体が柔らかくなる!なんて話も聞いていたので、断食をするとココロとカラダにどんな変化があるのかを、ちょっとでも体感したい!と思ったのです。

インドのアーユルヴェーダでは、「断食は最も偉大な薬」と言われているそうで、人間が本来持っている「自然治癒力」を高めてくれるとのこと。

去年のWSの記録には「極力シンプルに、自分を苦しめない方法で・・・」と書いてあります。そう、辛かったら意味がない・・・それでは精神的によくない気がしたので、無理なく「いい加減」にやろう!そう思って気負わずに、ゆるゆるとした感じで、なんとな〜く始めました。

本当はちゃんとしたルールにのっとってやるに越したことはないのでしょうが、長くやる訳でも、全く飲食を断つ訳でもないので、主にめいさんの話を参考に、今回は自分の感覚を信じてやることにしました(賛否両論あるとは思いますが)。

初日は火曜日の夜。少量のスープから始まり、徐々に慣らしていき・・・昨日からは大好きな「ふじりんご」とジンジャーティーか薬草茶のみで過ごしています。明日の夜辺りから、徐々に消化のいいものを増やして行き、日曜の夜辺りから普段どおりにしようかと思っています。



1129プチ断食.JPG
これが1食分=ふじりんごとジンジャーティー
あっ、相棒が残した「なし」もひと切れ!(Gっちんありがとう!)



今までは「3食+おやつ」というような生活をしていたので、断食中はものすご〜くお腹が空くんじゃないか、イライラするんじゃないか、相棒のゴハンやお弁当を作るのが嫌になるんじゃないか、はたまた誘惑に負けてお菓子を食べてしまうんじゃないか・・・なんていう想像を、何となくはしていたのですが、今のところはそういったことは全くなく、ごくごく自然にやっています。体調も至極良好なのです。

って今、傍らにある本の帯を見て気づいたんですが、その本の「ヨーガ断食簡単バージョン」に因ると、全5日間の断食期間の内、「本断食」は1日。その日は「飲料のみ」と書いてあります。「飲むけど食べない」・・・だから断食なの???としたら、リンゴをジュースにせずに「食べて」しまっていた私は「断食」していないことになるのか・・・あああああ〜やってもうた!そうだとしたらとんだオトボケです(笑)。まぁまぁ「ゆるゆる」なのでこんなモンでしょう(笑)。明日の朝はちゃ〜んとりんごをミキサーにかけて濾して飲みましょう。

でもこんな「なんちゃって断食」でも、やり始めてよかったな〜と思っています。なぜか・・・。まずは食べるものがシンプルなだけにそれだけに集中するので、そのものの味をちゃんと意識できるようになったこと。じっくり味わって食べるようになったこと。そして、今まではちょっとお腹が空いたり、口淋しかったりすると、あまり考えずに適当なものを口に入れていましたが、ヒトはそんなに沢山食べなくても、ちゃんと生きていかれるのではないか、今までがかなり「食べ過ぎ」だったのではないか・・・など、これまでの食生活について見直すきっかけになったことなどです。そしてやはり毎日ゴハンが頂ける環境にあることへの感謝を新たにしたのです。

今回は「なんちゃって断食」な感じですが、次にする時はちゃんとしたメソッドに則ってやってみようかと思います。といってもストイックにではなく、自分に合ったスタイルで、楽しみつつ。。。
そしてちゃ〜んとしたカタチで行うと、
1:ダイエット効果
2:デトックス効果
3:髪や肌への効果
4:内臓を休める効果
などの効果があるそうです(参考:友永淳子著「ヨーガ断食で美しく健康になる」)。とりあえず内臓はだいぶ休まったハズです。そしてなんだか頭もいつもよりクリアだし、カラダも軽い・・・そんな気がしています。

意思の弱い私が、こうして誘惑に負けることなく(でも我慢しているといった感じは全くありません)ここ何日かを過ごせているのは、きっちりと決めずにやったからだと思います。何を始めるにも気負わないこと、決めすぎないことが長続きの秘訣、楽しむ秘訣なのかもしれません。
posted by ノマド at 22:50| 鹿児島 ☀| Comment(4) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月24日

ヨーガ三昧

先週から昨日までは「ヨーガ」で出かけることが多くありました。毎週火曜夜の教室に始まって、木曜はデイケアの施設でお年寄りと共に、土曜は月1恒例「外de朝yoga」。近くの海辺で朝日を見ながら行いました(初参加の方ばかり4名。外でヨーガをする気持ちよさを味わって頂けたようです)。そして日曜夜は、観光客のAさんと共に「海の胡汀路」の芝生で星空の下ヨーガをしました。そして昨日の教室は健康の森の芝生で・・・

この季節、外でカラダを動かすのは本当に気持ちがいいです。近所の健康の森や春田浜は、6時から7時頃は絶好の「朝日&ヨーガポイント」です。あとひと月もすると寒くなって、きっと早起きが億劫になってくるので、今のうちに、心地よい朝の屋久島の空気を味わっておきましょう。


1021海のコテージ.JPG
「海の胡汀路」からの夕景
食事棟の前には芝生が広がり、その先に海が広がるという絶好のロケーション


「海の胡汀路」http://www.yakushima-cottage.com/
posted by ノマド at 11:00| 鹿児島 ☀| Comment(4) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする