2017年01月21日

屋久島繋がりの友人夫婦と


屋久島でカフェをやってよかったなぁと思うことは沢山ある

中でも「出会い」は宝だ

普通に暮らしていたら出会うはずのないジャンルの人たちとの出会いが

今までもたくさんあった

その中でも かつて屋久島の雑誌を作っていた

カメラマンのTさん・ライターのYさんご夫婦とはなんだか気が合い

初めての取材以来とても仲良くお付き合いさせて頂いている

「やる時はやる!」「遊ぶ時は思い切ってがっつり遊ぶ!」という姿勢

自分たちのライフスタイルとも似ているというのも大きいかも

それにしてもタフだ いつもそう思う 体力も気力も。。。

屋久島に居たときも 普通の雑誌取材ではあり得ない取材の仕方をしていた

夫婦2人だけで山に登り 里を歩き がっつり1ヶ月位ひたすら取材

そりゃ 他とは一線を画したディープな雑誌ができる訳だ!

そんな2人のお宅へ久々にお邪魔した

料理上手のYさんが前日から出汁を取り作ってくれた 具沢山の「産湯おでん」

美味しかったぁ


20170122青木家のおでん.JPG
「産湯おでん」の由来は大きな土鍋に由るもの
土鍋はなんとYさん作 ほんと赤ちゃんが入れそう!!!


お酒もがんがん(あたしはお茶をガンガン)

あとはYさんとTさんが各国から買ってきた美味しいオイルを

これまた美味しいバゲットにつけて「オイル食べ比べ」も楽しかったなぁ

オリーブオイルもそれぞれ個性がありつつもみんな違って味わい深かったし

モロッコのアルガンオイルとも数年振りの再会!ならぬ再舌?!感激でした

最近かなりお気に入りの台湾の亜麻仁オイルもやっぱり美味しかった

久々にゆっくりおうちで会ったもんだから話が尽きず・・・

4人が競うように話し続けること8時間以上

布団に入ったのは午前2時ごろだったのでした

いやいやたのしく美味しい夜をありがとう

そして都会の冬の朝もとても気持ちがよかったです


【関連する記事】
posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。