2017年01月16日

「0円キッチン」試写


ひょんなことから友人のサロン=るくぜん

「0円キッチン」という映画を観ることになった

なんと配給会社の方とオーストリア人の監督と通訳さんも来るという

はじめは???だったけどなにやら面白そう!と思い

この冬一番冷え込んだと思われる日 夫婦で「るくぜん」に向かった

10年前 事故で視力を失った難波さんは一昨年から「るくぜん」という

針灸と薬膳WSのサロンを開いている

そこでは色んなイベントも随時開催されているんだけど

今回はかなりプライベートな感じ

ほんとうに前向きで好奇心旺盛で なんとも面白く味わいのある人格の難波さん

「ほんとうは見えてるんじゃないの?」と疑う位

色々な新しい情報を持っていたりして。。。

そんな難波さんが今回 この映画に「莫大な寄付をした」そうで(本人談)(笑)

るくぜんでの上映となったとのこと

で あたしたちを「招待」してくれたんだけど

着くなり「アキちゃんは字幕を それぞれ声色を変えて読んでね」

「りゅうじは建築物とか風景の描写をして」

「(ヘルパーの)近藤さんは人物の説明をしてね」・・・と役割を命ぜられた

・・・以下 配給会社のあーやさんのFB記事をご覧くださいませ

肝心の「0円キッチン」ですが

監督のダーヴィッド自ら 植物油で走るようにした車にゴミ箱で作った特製キッチンを取り付け

「捨てられてしまう食材を救い出し 美味しい料理に変身させよう!」

とヨーロッパ5カ国旅にでるというドキュメンタリー

各地で食材の無駄をなくすべく ユニークで美味しく楽しい取り組みをしている人たちに出会い

食の現在と未来を考えて行くというもの

とにかく彼の独創的な取り組みや 各地の活動はとても興味深かった

「世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく破棄されている」という事実は

とても深刻な問題であるのは間違いないんだけど

でもそれを「楽しく解決していこう」「これをきっかけにそれぞれが見直してみよう」

という感じがとてもよかった

上映の後は待望の「nicora」で美味しいお食事を頂きながら

みんなでいろいろな話しをした

ヨーロッパの旅の裏話なんかもダーヴィッドから色々と聞くことができて楽しかったな

一見「豊か」な日本だけれど その裏には色々な問題が山積みだ

食の廃棄の問題も然り

まずは楽しみながら ひとりひとり「自分の食との向き合い方」を考えていきませんか?

「0円キッチン」 1/21から「アップリンク渋谷」などで上映が始まります

みなさん是非是非行ってみてください!!!


「0円キッチン」HP → http://unitedpeople.jp/wastecooking/


【関連する記事】
posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。