2015年12月18日

シェフ 三ッ星フードトラック始めました・・・という映画


営業中より時間の・・・というよりこころのゆとりがあるから 時々映画を見る

この間見て面白かったのは「シェフ 三ッ星フードトラック始めました」というもの

あらすじは・・・



「ロサンゼルスにある一流レストランの<総料理長>カール・キャスパーは、メニューにあれこれと口出しするオーナーと対立し、突然店を辞めてしまう。次の仕事を探さなければならない時にマイアミに行った彼は、絶品のキューバサンドイッチと出逢う。その美味しさで人々に喜んでもらう為に、移動販売を始めることに。譲り受けたボロボロのフードトラックを改装し、マイアミ〜ニュー・オリンズ〜オースティン〜ロサンゼルスまで究極のキューバサンドイッチを作り、売る旅がスタートした―。」(HPより引用)


というもの

美味しそうな料理もさることながら

カールと息子のやりとりとか・・・すごくいいんだよね 

とくに後半の 一緒にフードトラックで旅を始めてからの関係性が。。。

子供と対等に・・・そして叱るときもただ怒鳴ったりするのでなく

ちゃんと子供が考えて納得するような物言いがね 

せめて言葉が分かるようになったらひとりの人間として対等に接すること

ちゃんと扱われれば子供はちゃんと「大人」になるって思った

うちもそうだったけど 「子供はいつまでも子供」みたいに思って

思い通りにさせようとする親って多いと思う

親は絶対 子供は従うもの・・・みないに

やたらと何でも口出しをしないと気が済まないとかね

なんでも禁止とかね

とにかくカールと息子の関係の変化がよく描かれていたし

楽しそうに仕事をする姿とか・・・最後はHAPPYになれる 全体的にいい映画でした

年末年始のレンタルに個人的にオススメです


【関連する記事】
posted by ノマド at 20:30| 鹿児島 ☀| Comment(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。