2017年02月04日

デビスカップへ


ここ数年テニスづいている

ベトナムのカフェのTVでテニスの試合観戦にハマって以来

ネットで観たり テニスに関するニュースにアンテナを張ったり

そして勢い余ってテニスまで始めてしまった始末(笑)

そんなわたしたち

錦織が現役で勢いがあるうちに「生試合が観たい!!!」と思っていたら

なななんと ちょうど帰省中に日本でデビスカップ(vsフランス)があることが発覚!

これは行くしかないでしょ!ってことで

RJが気合いを入れて応募したのだ

「応募」というのは デビスカップの場合 いい席は事前に希望の観戦エリアを指定して申し込み

当たったら晴れて行かれるというシステムらしく(もちろん有料です)

祈りを込めて 気合いを入れて 3日間全てに申し込んだ

そしてそして  なんと2日間当選!!!

やった!錦織の試合が生で観られる!!!と思ってその日を心待ちにしていた

・・・が 年始になってなんと錦織の欠場が決定バッド(下向き矢印)

がーん。。。

でも過酷な男子テニスのスケジュールやらを考えると 錦織にとっては懸命な選択だったと思う

ほんとに 知れば知る程 男子テニスって「なんでそこまで過密スケジュールなの?」って感じ

テニスはどのスポーツよりも大変なんじゃないかと思う

試合と試合の間も殆どないし アメリカに行ったりヨーロッパに行ったりアジアでも試合があったり

それに耐える体力と精神力がないとトップにはなれない

ほんと尊敬します

だから残念だけど ほんとに残念だけど・・・

気持ちを切り替えて

錦織じゃないけど 

日本と世界のトップクラスの選手のプレーを間近で観られるということでよし!とした

1日目 開園の時以来何十年振りかで訪れる有明テニスの森

会場に入った途端 なんだかいい知れぬ感激で熱いものがこみ上げた

40を過ぎるとちょっとしたことで涙が出そうになる そんなお年頃(笑)

席はコートサイド前から5列目!

錦織ではなかったけど フランスのガスケとか 日本では注目の西岡とか

一流の選手のプレーを間近で見られてよかった!!!

スゴすぎてあんまり参考になるとかじゃなかったけど

なるほどなるほど。。。

でもわからないなりに「面白いテニス」「惹き付けられるテニス」というものがあること

単なる上手い・下手ではなくね

そういう意味で日本選手の中では西岡のプレイは面白かったです

近い将来 いつか・・・錦織の試合を観てみたい

あとはやはり フェデラーナダルは観たいけど日本には恐らく来てくれないよね〜



posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 | Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

はじめての漢方入門


ここ数年 けっこう漢方にお世話になっている

できることならあんまり西洋医学的な薬に頼りたくないと思って

薬を飲むならほぼ漢方にしていた

ちょいちょい本も読んだりはしてたけど ちょっと学んでみたいなという気持ちが芽生え

手始めに 薬日本堂がやっている「はじめての漢方入門」という講座へ行ってきた

触りだけではあるけど やっぱり東洋医学の考え方はいいなぁと思った

西洋医学を否定はしないし 必要な場面もたくさんあると思う

西洋医学の発達で助かる命もたくさんあるのはわかるけど

悪いものを薬でやっつけるとか取ってしまうとか そういったイメージ

疾患に対して対処 「病」を治すというもの

対する漢方はその人その人の全体を見て「その人」を治すという考え方

だから「養生」や「生活習慣」「食事」などもとても大切に考えられている

漢方とは「草や木から作られた薬=漢方だけを指すのでなく 鍼灸・気功・按摩・薬膳・

日々の養生までを含む」と言われているのですね〜

そんなこと本物の中医師の先生から聞いたので 

もうちょっと真剣に日々の生活とか食べ物とかのことを考えていきたいなぁと

これから年を重ねて色んな「不具合」が多くなるであろうから

大きな病気になる前にちゃんと見直して防げれば・・・

そしてできるだけ心身ともに健康でいたいなぁと それだけを願うばかり(笑)

20代30代の頃はそんなこと考えなかったけど

そんなお年頃になったってことだね 病気や不調なんかを経験すること・・・それは辛いけど

そうして「人の痛み」も分かっていく・・・老化は退化ばかりじゃないと思いたい!

次の帰省にはまた 次の講座を受けたいな
 


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日


今年は義母上のお誕生日当日に日本にいたので

母上のリクエストにより「鰻」を食べに行った

屋久島に居ると鰻を食べるチャンスがないから あたしたちにとっても願ってもないチャンス

RJが調べて評判のよかったうな重の店=うな新へ

年季の入った店内は既にお客さんでいっぱい

30席はあるのに店員さんは2人だけ

見た目はちょっとやんちゃな感じの若い夫婦?!だけど

二人共黙々と鰻を蒸したり お重にごはんを詰めたり 椀ものを用意したりして

その真摯さと見た目とのギャップがなんだか好ましかった

職人!という感じ

うな重 美味しかったです 欲を言えばもう少し味が濃くてもいいかな という感じではあったけど

でもなにより今年も一緒にお誕生日をお祝いできてよかったです

今年もカラダに気をつけて過ごしてください


20170131うな新のうな重.JPG




posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする