2017年01月09日

七草粥と七草爪


毎年7日には七草粥を食べる

平塚に居るときは平塚で 友人宅に泊まっているときはそこで作る

こういう昔ながらの風習とかは結構好き

今年は平塚で母上が作ってくれた

今回はその習慣にひとつ変わったイベントが増えた

年末に読んでいた小川糸さん「ツバキ文具店」という小説の中に出てきた

「七草爪」というもの

6日の夜から七草をつけておいた水に7日の朝 爪を浸してから爪を切る

そうすると一年間風邪をひかないらしい

7日まではどんなに爪が伸びても切らずに待つんだって

相方RJ共々 冷たい水にゆっくりと爪を浸してから願いを込め 静粛な気持ちで爪を切った

これで一年風邪知らず で行きたいもの

信じるものは救われる!のです


「ツバキ文具店」 いいお話です 鎌倉に行きたくなります


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

映画「ラサへの歩き方 〜祈りの2400K〜」


最近の平塚周辺情報のほとんどは江藤さんご夫婦から

今回は 本厚木に素晴らしい映画館があると聞いたので早速調べると・・・

なにやら面白そうな映画がやっているではありませんか

そのタイトルは「ラサへの歩き方 〜祈りの2400K」

いつか行ってみたいと憧れるチベットのラサの映画であれば是非観てみたい!

江藤さんたちに聞いた翌日が上映最終日!しかも予定なし!行くしかないでしょ

ということで行って参りました「アミュー厚木」

いやいや素晴らしい映画でした

内容をざっくり言うと・・・


チベットの小さな村から聖地ラサ そしてカイラス山へ
はるか2400kmを“五体投地”で ほぼ1年かけて歩く11人の村びとのチベット巡礼旅の話



チベット、カム地方マルカム県プラ村。ニマの家では、父親が亡くなり、まだ四十九日が明けず、法事が行われていた。父の弟のヤンペルは、兄のように思い残すことなく自分は死ぬ前に聖地ラサ行きたいと願っていた。ニマは叔父の願いを叶え、叔父を連れ、ラサへ巡礼に行く決意をする。彼らの巡礼のことを知ると、次々と同行を願う村人が集まり、老人、妊婦、そして幼い少女タツォを含め一行は総勢11人になった。村から五体投地で1200km離れた聖地ラサへ、さらにそこから1200kmあるカイラス山への巡礼の旅がはじまる。


かなりドキュメンタリーに近い手法で作られた映画とのこと

いやいや うっかりさっきまでドキュメンタリーだと思ってました

でもこんな現代にあっても「巡礼」を人生の最大の目的としている人々はいるんです きっと

あれは単なる作り話でも昔の話しでもない

老人であろうが妊婦であろうが子どもであろうが

ただただ純粋にラサへ カイラスに行きたいという ただそれだけ

危険だとか 病気になるかもとか お金がなくなるかもとか

そんな未来の余計なことは一切を考えずに ただただ五体投地で前だけを向いて進んでいく人々

今に集中して生きるという「マインドフルネス」という言葉を最近よく聞く

自分もそう生きていきたいと強く意識しはじめた今

あぁあの人たちはそれを 自然なこととしてできているんだよなと思った

あたしたちは色んなものを持ちすぎた 色々なことを知りすぎた

悪いことばかりではないけれど それによる不幸がたくさん作られてしまったのも事実

悲しいかな でももう大きくは戻れない

余計なことを考え 悪い想像を膨らませ 勝手に不安になって心身を病んだり

自分や他人も傷つけたりしてしまう 発展してしまったが故の弊害

チベットの生活は厳しく不便だろう

でも生きることに その日のことに 今のことに集中せざるを得ない生活をする人々の

なんとシンプルで美しいことよ と思う

信じるものがあるから 迷わず生きていかれるんだと思う

巡礼の間にはこの映画のようにほんとうに

人が生まれたり死んだりということがあるんだと思う

でもそんな一大事も 慌てず急がず騒がず 淡々と受け入れる

生きているということも 生まれることも 死ぬということも

そう大騒ぎすることではなく(もちろん誕生は喜ばしいことだけど)

彼らにとっては全て同じことなんだよな

それが素晴らしいことだと思った

五体投地 実際にネパールで見たことがあるけれど スゴイです

半端な信仰では出来ない究極の祈りの姿

「ラサへの歩き方」機会があったら是非是非観てみてください

興味のない人は速攻寝ると思います(笑)

そうそう「アミュー厚木」 いい映画をたくさんやってますし

会員になるとかなりお得!オススメです

ちなみに・・・この映画のあと 相方RJがどうしてもカレーが食べたいと言うので

お得意の「聞きまくり大作戦」でなんとか見つけたカレー屋さん

なかなかのインドっぷりでいい感じ&美味しかったです

機会があれば是非セットで。。。

ニールガガン → https://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140802/14053676/

かなりのインド人率


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | cinema | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月07日

平塚の美味しいカフェへ


屋久島繋がりで・・・

ひょんなことからRJ実家の近所にお住まいがあることが判明したバイオリニストの江藤有希さん

ちなみに屋久島では散歩亭でコーコーヤとして演奏に来て下さいました

そんなことでここ数年 帰省するたびに必ず会う友人に。。。

旦那さん共々 何となく好きなものや感覚が合うので会っていてとても楽しいし

リラックスできる感じがいい

こんなご近所に新たな友人ができたことはとても幸せ

平塚に帰る楽しみのひとつになっている

先日は新年会ということで・・・まずは夕方早めの時間にお気に入りのカフェへ

その名は「ボタンカフェ」女性ひとりで切り盛りしている雰囲気のいい小さなカフェ

コーヒーもとても拘っていて たまに教室も開いているみたい

もう何度か伺ってるけど そのたび美味しくなってる!

この日は女性陣はキッシュのプレート 男性陣はカレーのプレート

どちらも丁寧に作られていて とてもいいお味でした


20170105ボタンカフェ.JPG
パンも手作りで甘みがあってもっちりしてて美味しい!
キッシュも絶品でした


それからお二人のお家へお邪魔して

美味しいおつまみを頂きながら 女子はプーアールー茶を 男子は日本酒を酌み交わし

気づいたら12時を軽く飛び越していたのでした

音楽好き 美味しいもの好き 

まだまだ話していたい平塚の大人の夜

遅くまでお邪魔しました 楽しかった〜


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

黄色な日  


元旦からしばらくぽかぽかと暖かく・・・

この日はこれまた帰省するたびに楽しみに行く 後輩がやっている二宮のパン屋さんへ

Boulangerie Yamashita(ブランジェリー・ヤマシタ)

去年の秋には裏のスペースをカフェにしたので 今回そこに行くのも楽しみだった

センス抜群の山下くんが創り上げた空間は 想像通りとても素敵だった


20170105ヤマシタ外観.JPG
手前がパン屋さん 奥がカフェ
なんとも雰囲気のあるアプローチは「ぽん」と建てた新築では醸し出せない雰囲気
ポタージュやコーヒーなどのドリンクをパンと一緒に頂けます


内装から食器などに至るまで なんで始めっからこんなに完成させられるの?と思うレベルの高さ

「とりあえず」のものはひとつもなく 全てに強いこだわりを感じた

10年前 あたしたちがカフェの準備を始めたときは

もちろんこだわりはあったけど金銭的な問題とか・・・

したくてもできないこと 買いたくても買えなかったものが多かったなぁ

とにかく最初からスゴいな〜って話

什器からテーブルからちょっとした金具 もちろん食器にいたるまで出来上がってる感が素晴らしい

それは好きなものをちゃんと大切に育ててきたからだと思うし

建物に関しては新たに建てたものではなく 

裏にもともとあった古い倉庫をリノベーションしたからというのが大きいのかもしれない

だから昔からその場所にカフェがあったかのようにしっくりと馴染んでいるのだと思う

あたたかみのある明るく小さな空間の中で ゆっくりと美味しいパンを頂いた

山下くんのパン ハード系がお好きな方はとくにオススメです

味わいのある美味しいパンたち


20170105ヤマシタのパン.JPG
作家ものの菜の花色の器も素敵!


そしてお客さんから近くの吾妻山公園の菜の花が満開だと聞き

RJをカフェに残し 母上と2人吾妻山へ。。。

ゆっくり歩いて片道30分ほど そこには絶景が待っていたのでした!!!


20170105吾妻山 菜の花と富士.JPG
菜の花の海の向こうは富士山


20170105吾妻山 菜の花.JPG
今が見頃 明るい黄色の菜の花は元気になる色


気分は一気に春 春 春!!!

菜の花も 遠くに見える富士山も キラキラと光る海も

とにかく最高の景色!

東京からそう苦労せずに行かれる絶景ポイント オススメです

ブランジェリーヤマシタでパンを買って山頂へ行けば 素晴らしい景色が迎えてくれます


20170105黄色いスカート.JPG
狙ったかのようにジェン先生の黄色いスカートを着ていったあたし


今日は「黄色」な一日でした

金運もアップしたか?!


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

鎌倉のスタバ


最近呼んだ小川糸さんの「ツバキ文具店」で知った色々な鎌倉情報の中に

鎌倉のスターバックス御成町店の建物が素敵だということが書いてあった

かつて鎌倉に住んでいた「ふくちゃん」でお馴染みの横山隆一さんの元邸宅を

そのまま使っているとのこと(←実は邸宅跡地で庭はそのままらしい)と思い込み

それなら行ってみようということになった

スタバのコーヒーはさておき 建物もお庭もやはりとても素敵でした



スターバックス御成町店について
 → http://www.asahi.com/and_w/life/SDI2016051262931.html


20170104スタバ御成町.JPG


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

新年最初は鎌倉へ


元旦から暖かい日が続いていたので

4日は鎌倉へお参りに行ってきました

藤沢から久しぶりに江の電に乗りました

家の間を通り抜け 時にキラキラと光る湘南の海が見える江の電からの景色

小さい頃から大好きでした

今回の一番の目的は手術を控えている友人のお守りを頂きにいくこと

たまたま調べたら病気治癒にとてもご利益があるというお寺を鎌倉に見つけ・・・

その「上行寺」へ

鎌倉と言えば大きくて有名なお寺が沢山あり「観光スポット」とか

今では「パワースポット」も多いみたいで若き女子たちもたくさん行くみたいだけど

そう言った観光寺のような雰囲気は微塵もない素朴なお寺


20170104上行寺.JPG


「癌封じ」とか「悪病除」とかいう文字が至るところに手書きで張ってあって

怪しいといえば怪しい感じもしないでもないけど

ここは全国から「病気治癒」を願う人々がたくさんいらっしゃるそう

本堂入り口にはたくさんのおきつねさん

そして「お経中でもご自由にお入り下さい」と書いてあったので

そ〜っと本堂に入らせて頂く

ちょうどお経をあげて頂いている方がひと組

小さな本堂の手前には お菓子箱のような中にお守りが入っており

勝手に取って そばにある箱の中にお金を入れるというシステム

お守りはなんと300円 今まで行ったお寺と比べると格段にお安い

自分の分も含めて3体頂くことに(お守りやお札は「体」と数えるらしいです)

「1000円しかないや」とRJが呟いたら おもむろにお寺の方(60代くらいの女性)がやってきて

お賽銭箱を裏返して「はい」とおつりを渡してくれた

なんともおおらか お参りに来る人への無条件の信頼があるからできること

そしてお経を上げて頂くことにした

本尊の前に行き それぞれの名前をお伝えすると

それぞれに対してお経を上げて下さった

大きなお寺であれば厄払いなんかもまとめてだけど ここは違ってひとりひとり丁寧に

お経が終わるとさっきの女性が話しかけてくれた

なんか近所のおばちゃんのような親しみやすさ お地蔵さんのような優しいお顔

「あなたはどうしたの?」と聞かれたので友人のことを話し

自分も去年あまりコンディションがよくなかったことを話すと

「あなたいくつ?」とお地蔵様

「44です」とわたし

「ぞろ目はね よくないのよ」「でもね大丈夫 あとちょっと我慢すれば!」「大丈夫よあなた!」

とお地蔵様は言って ぽんぽんと背中を叩いてくれた

その言葉にぐっと来て思わずまた涙が流れた

なんのためらいもなく力強く「大丈夫」と言ってもらえた心強さ

「大丈夫なのか あたし」と思えた

言葉は時に人を傷つける武器にもなるけれど

簡単に人を勇気づけられる素晴らしい力も持っているんだよね

祈ったりお経をあげてもらって病気が治れば世話はないって思う人もたくさん居るだろうし

そうなのかもしれないけど

やっぱりこういう 科学では解明されないような「見えないチカラ」も

こんな時代だからこそ信じたいなと思うし あるんだと思う

日本中 世界中 色んな宗教があり

宗教の名の下に営利的なよからぬところもたくさんある中

本来のお寺の姿をこの小さな「上行寺」に見た

なにか困ったことや自分では抱えきれないことがあったら

ここに相談にくれば大丈夫!そう思えた初めてのお寺だった

友人たちもきっと大丈夫 手術も成功しよくなる!そう確信して帰ってこられた

清らかな気持ちになった正月4日の晴れの日

ありがとうございました


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☀| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

箱根駅伝


今年も恒例の箱根駅伝 行ってきました

2日に往路 そして今日は初めて復路

往路は中継地点のちょっと手前で しかも細めの道沿いだったから

やってくる選手が間近に見られ・・・

その足取りとか その表情とか その息づかいとか

今までになかったリアル感で 3人目が通過するころには

感動で涙がダ〜ダ〜流れてきました

いやいや ほんとこの年頃になると予期せず涙が出てきたりするのです


20170103箱根駅伝.JPG


大体スポーツだとどっちを応援するとかがはっきりしてて

白か黒か・・・みたいなとこがあるけど

箱根はもちろんご贔屓の大学とかあるだろうけど

沿道で応援するひとたちは分け隔てなく「がんばれ〜」の声援を送る

それがなんか新年らしく平和でいい感じだな〜と思ったのです

そうそう結果は青学の圧勝 3連覇 強いっ!

それよりか あたしたちが見た7区の選手は脱水症状になってしまい

病院へ運ばれたときいたけれど大丈夫だったか

そして監督が彼の状態を見て給水を申請したけど認められなかったとのこと

その辺りのルールってどうなの?

そういうところをもっと見直す必要もあると思う 結果だけじゃなくてね

今回はあわや事故・・・というシーンもあったらしいし

大会運営の方々 よろしくお願いします

ではまた来年



posted by ノマド at 21:03| 鹿児島 | Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

お正月のご馳走


おばぁちゃんから引き継ぎ ここ数年お義母さんが作るおせちを

今年はちょっとだけお手伝い

いつか余裕ができたら一からひとりでおせちを作ってみたい

一生ものの素敵なお重も買ってね


20170101おせち1.JPG


20170101おせち2.JPG


20170101お雑煮.JPG


いつもより より丁寧に剥いたり調理したり無駄をしないように心掛けた

おせち作りは「丁寧に心を込めてつくることの大事さ」を思い出すいい機会だと思う

盛りつけも両手を使って丁寧に。。。

なかなか美味しくできました

昨今はおせちを食べない人も作らない人も増えてきたと思うけど

こういう伝統や日本の美しい習慣は大切にしていきたいなぁ

ただ「する」だけでなくとにかく丁寧に その意味も考えながらやることで

深みが増し 楽しさも増すんだと思う

ふだんの料理も丁寧に丁寧に。。。この気持ちを忘れずに過ごそう

お義母さん ごちそうさまでした

今年もみんなが健康にhappyに過ごせますように


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 | Comment(0) | おいしいもの、時々・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございます

2017年 ココロもカラダも元気にHAPPYな気持ちで過ごしたい

ただただそう思います

ついつい過去や とくに未来のことを心配しすぎて勝手に不安になってしまいがち

でも未来なんてだれも分からない だから無駄に心配しても仕方ないんだよね

昨今「マインドフルネス」という言葉をよく聞きますが

そう ちゃんと「今」に集中して生きていきたいと思ってます

いい考えのクセをつけていこう

いいこと探しをしていこう


20170101富士山.JPG
元旦の富士山 青空に真っ白に冠雪した富士山がほんとうに美しかった





posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | つれづれなるままに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする