2019年08月18日

蝉と雨蛙 cicada and tree frog


蝉とか雨蛙とか・・・都会だと風流な感じだったりするけれど

田舎ではそんな呑気なことは言っていられない

今はちょっとおさまったけど 台風前までは朝の蝉ときたら騒音だった

主に熊蝉が競うように鳴き続ける 物凄いボリューム

都会の騒音に匹敵 いやそれ以上だ

そして夜遅くの雨蛙も然り

あの可愛らしい姿からは想像できない声量で鳴く 鳴く 鳴く

そしてこれらが落ち着くと秋の虫たち 特にクツワムシは本当に五月蠅い

只今雨の午後4時 遠くでツクツクホウシが鳴いている これは控えめ よろしい



20190805うるさい雨蛙.jpg



ついでに・・・都会に暮らしているときは「朝蜘蛛は天の遣い」とか

「ヤモリは家を守る」とかそんな風に言われていたからそう思っていたけれど

それはこっちに暮らしていたらそんな風には思えなくなってくる

蜘蛛は小さいのから巨大なヤツまで様々なのが朝から晩まで出る

さっき蜘蛛の巣を取ったのに1時間後に同じところで蜘蛛の巣に引っかかる

あまり殺生はしたくないけど仕方がないときは多々ある

ブータン人には決して言えない

ヤモリは家の外にも中にもいつでも何匹も居て

時々頭に落ちて来たり 商品に独特の「う●こ」をして行く

なので相方は見つけると捕まえて

オシッコを引っかけられながらも川向こうに投げに行く



【関連する記事】
posted by ノマド at 16:09| 鹿児島 ☁| Comment(0) | ヨーガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

筋トレ


3月頃 何度か「筋トレ」に通ったけど

その後は結局続かず・・・

それでもやはり鍛えたい!と思い 地道にひとりでやっております

大体仕込みとか色んな雑事が終わり 夕飯の消化も済んだ夜11時過ぎから20分ほど

ぶっちゃけ 他人様には見せられない格好でやっております

20分やったらめっちゃ滝汗かきます!

気に入ったyoutubeの動画

いい感じのマッチョな兄さんが一緒に苦しそうにやってくれるのが いい

そしてひとつのプログラムが短いのも いい

頑張れそうな気がしています

昔からの夢 6packsは叶うのか?!

「Muscle Watching 」 で検索すると沢山出てきます

バリエーションが色々あるから飽きないのも いい!!!オススメなり!





posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 筋トレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

See you Andrew


屋久島のALTとして5年間働いていたアメリカ人の友人=アンドリューが

旅立つ前にノマドに来てくれた

宮之浦と原ということでなかなか頻繁に会うことはできなかったけど

一緒にテニスをしたり カフェに来てくれた時は話をしたり・・・

来た頃は殆ど日本語も喋れなかったのに今ではかななりのレベルになったのは

勿論彼の努力もあるけれど キャラクターによるものが大きいなぁと思う

彼はこれから大学院での勉強のため スウェーデンに行く

きっとアンドリューのことだからスウェーデン語の習得も早そう

スウェーデンで日本で また会えるといいな Good luck Andrew!



20190806アンドリューと.jpg
屋久島を離れるのが寂しくて毎日泣いてる〜と言ってたアンドリュー
島が大好きで ほんとうにいいキャラクターだったな
あっちでもきっとたくさんの友達ができることでしょう!



posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | ヒビノセイカツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

We went to the Koyoji river with our new friends from Switzerland


今年もぼちぼち海外からのお客さまがきてくれている

日本人観光客が少なくなっている昨今 ありがたいこと

拙い英語ながら 旅から帰ってきたばかりなので 今が一番英語が話せるタイミング

できるだけ積極的に英語でのコミニュケーションをはかるようにしてる

そんな中また素敵なファミリーがノマドに来てくれて友達になった

そして旅から帰って来てからずっと根を詰めて設計をやってきたこともあり

夏になってから全然遊んでなかったということもあり

この機会に1日一緒に遊ぶことにした

残念なことに日本人の観光客の人とはなかなかこういうことにはならない

それは日本人はそもそも旅の期間が短いということと

予定を決めて行動しているひとが多いから。。。

だから自ずと仲良くなるお客さんは海外の人たちが多いのだ

日本ももっと自由に長くお休みが取れるようになればいいのになぁ

でもこれはシステムの問題だけじゃないけどね

・・・そんな彼らと栗生の小楊枝川と栗生の海で1日たっぷり遊んだ

といってもあたしは冷たいのが苦手だからちょっと曇りの今日はパス

だから殆ど岩の上でくつろいでたけど

スイス人ファミリー(とくに子供達)とRJはかなり長く泳いだり飛び込んだり・・・

あたしはすっかり弱っちい人間になっちゃったなぁとこういう時実感する

あんな風に無邪気に後先考えずに遊べたらいいのにね。。。



20190731小楊枝川2.jpg
お気に入りの小楊子川



20190731小楊枝川.jpg



20190731栗生川飛び込み直前.jpg
栗生川の橋から躊躇する屋久島少年を尻目に
躊躇なく欄干の上から飛び込むゼルダとRJ
☆飛び込む時は満潮で水深が十分あることを確認のこと!!!



20190731栗生川飛び込み後.jpg



この飛び込みの時 次女のエリーザが「あたしも飛び込みたい!できるもん!」主張

でもパパとママにまだ早いと言われ泣いていた姿が印象的だった

とにかくアグレッシブな子供達とそれをいい感じに見守るトーマスとバーバラ

自分たちもちゃんと一緒に遊んでいるから 子供達がどこまで出来てどこからできないのか

ここは安全か危険かということをちゃんと理解しているんだろうな

親がそういうことを知らないと何でも「危ないからダメ」になったり

逆に知らなくて無茶をして事故になったりするのかもしれないと思った

しっかり遊んで 夜はウチでみんなで餃子などを作って一緒に食べた



20190731いただきます!.jpg



幸い宿が近かったから色々と都合がよく 遅くまでみんなで楽しい時間を過ごした

とくにエリーザはRJが大好きになったみたいで 帰る時に泣いていたのが可愛かった

今度会えるのはチューリッヒかな

前はそんな風には思えなかったけど 今は再会をかなり現実的に想像できる

トーマス一家はつい先日家を購入したばかりで これからリノベーションをするとのこと

来年には出来上がってると思うから是非遊びにきてねと言ってもらった

今から再会が楽しみだ



posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

回転がかかったから今日は回転記念日


5年位前から相方と共にテニスをやっている

あたしは高校の授業でちょこっと齧ったことはあったけれど

ふたりともど素人からの出発だった

キッカケはベトナムに行った時にカフェで観た全豪オープン

そこで「観る」ことにまずハマってしまい

毎日のようにそのカフェに通ってテニスの試合を観ていた

そんなことから実際にやってみよう!ということになり町のコミュニティに入会した

錦織フィーバーのちょっと前位だったと思う

その頃錦織のランキングもかなり上がり あの全米でジョコビッチを破り決勝戦へ

そんな時だったからコミュニティに入る人も結構多かった

ちょっとづつ上手くはなって行ったものの 

ずっとやっていた人に何とか混じれるようになったのは去年位からかも。。。

それでもまだまだだけどね

相方はあたしより「上手くなりたい」という気持ちが強くて

一生懸命youtubeで動画を観たりして研究したりしてたから 色々とできるようになったけど

あたしはどうしてもボールに「回転」がかけられなくて

色んな人にお伺いを立てたりしたけど どう頑張ってもできなかった

だから「もういいや!」と半ば諦めたり不貞腐れたりしていた

そこに思いがけない救世主=金子さんが現れた

金子さんは相方の同級生でテニスコーチ&張り人の薄井くんの友人

彼の紹介で屋久島を訪れカフェに来てくださったのだ 彼もテニスのコーチ

そして普通に観光でいらしたのに・・・

「今夜テニスの日なんですけどよかったら行きませんか?」と図々しくお誘いしたところ

(コーチをしてもらおうというつもりではなく)

せっかくのご縁だからちょっとだけ行こうかなと仰ってくださり・・・

そして何とレッスンまでしてくれたのだ

で 相方が「akiはずっと回転がかけられなくて・・・」とぽろっと言ったところ

「じゃぁこんな感じでやってみて」と言われ・・・やはりできず・・・

「そしたらね ラケットを振ったらそのあと左手で捕まえてみて」と言われやってみたら・・・

なななんと「回転かかった!!!」なななんとっ!!!

長年ど〜やってもできなかった「回転」が初めて意識的にかかったのだ

RJもちょっとびっくり&感動していた様子

ほんとにびっくりした

金子先生 ほんとうにありがとう!!!

おかげさまでこれからは「回転のかけられる女」として生きていけます

いや〜びっくり!年を重ねてもまだ「できるようになること」ってあるんだな(笑)



posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | tennis | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

嬉しい事件


日本は空前の空手ブーム・・・かどうかは知らないけど

昔よりもかなりメジャーになってきている模様

たぶん海外の方がアツイのかも知れないけど 

スポーツニュースなどで 日本選手の活躍が時々話題になっていることは知っていた

そしてたまたま数日前 ひょんなことからyoutubeで空手の番組や試合を見ていた

ほんとうにたまたま 

そして空手ってカッコいいな〜と思って型を真似したりして(笑)

で 今日

中央に座った20代であろう男女3名 

サーブした後 改めて厨房からその中のひとりの女性を見ると・・・

ん〜なんか似てる あの空手の「型」の清水希容ちゃんに

でもこういうのは大抵違うんだよなと思いながら・・・

でも他の方のサーブをする時に たまたま耳に入ってきた会話がどうもそれっぽい

え?これはやはりもしや?! そして裏に引っ込んでいた相方に告白をすると

いそいそと出てきてさりげなく彼女を見る

う〜ん もしかしたらそうかもね?と

そして現代の文明の利器を駆使し 恐らく3人共空手家だということが判明した

なんというタイミング!!!

そしてお会計の時がやってきた!

思い切って「あの〜空手の方ですよね?」と言うと

こんな所で顔が割れたことにびっくりした様子を浮かべながら

「はいそうです!」と。。。なんだか嬉しそう(笑)

それから ちょうどyoutubeを見ていたことなどを話すと大いに盛り上がり・・・

「一緒に写真撮りましょう!」と言ってくれた やった!!!

そしてノリノリで空手のポーズで撮影(Rieちゃんありがとう!)

メッチャ盛り上がって楽しかった&超嬉しかったぁ!!!

3人ともオリンピック強化選手 こんな人たちと思いがけず会えるなんて

カフェやっててよかったな〜 いい思い出になったぜぃ!

そういえば今年は周防監督と草刈さんご夫婦も来てくださったけど(勿論嬉しかったんだけど)

彼らに関しては「分かってますけど知らぬふり」の程で接客させていただきました

そのほうがいいかな〜と思って・・・


20190728空手の人たちと.jpg
鹿児島出身の下村世連選手(形) 多田野彩香選手(組手) 清水希容選手(形)


形の名前は忘れちゃったけど 足もちゃんと猫足で!!!

オリンピック 俄然楽しみになってきた!

あ〜ダメ元で応募すればよかったな〜

みんな頑張れ〜!!!





posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☁| Comment(0) | あそび・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

AKの戦利品


あたしもRJもチョコレートが大好き

近年健康番組で「高カカオチョコレート」が健康にいいと聞き・・・

なんでもカカオポリフェノールは抗酸化作用がありアンチエイジングにいいとか

心疾患・動脈硬化・高血圧・脳梗塞・認知症・ガンに効果があるとか

それなら!と去年からはカカオ70%以上のチョコを頻繁に食べるようになった

本来ミルクチョコLOVEなので高カカオチョコの 口の中にまとわりつくような感じとか

酸味とか甘さが少ないところとかがあんまり好きじゃなかったんだけど

食べていくうちに(ものによるけど)70%まではOKになてきた
 
でもやっぱりミルクチョコレートが好き

スイスのペーターに「ビターとミルクとどっちが好き?」と聞いたら

「ミルクチョコに決まってるじゃないか!」という答えだった

やはり「チョコの国」「ミルクの国」の人だ

RJは高カカオのが好きとか80%位がいいとか言ってるけどね どうだか?!

ヨーロッパの人たちも往々にしてチョコレートが好きだと思われる

チョコレート菓子(キットカットとかポッキーとか)のバリエーションは

日本のほうが俄然多いと思うけれど

板チョコのバリエーションはヨーロッパに軍配だと思う

そこそこ高価だったし持ち歩き中に「溶ける」という心配もあって

沢山は買えなかったけど 去年よりは色々と買ってみた


16 ブレッゼルチョコ.jpg
日本でスイスチョコと言えば「リンツ」って程有名だけど
たぶんこの「ブリュッェル」は来てないんじゃないかな
ミルクチョコの中に塩味の効いたブリュッツェルが絶妙でした


16 ラズベリーチョコ.jpg
フィンランドの明治みたいな存在?のファッツェル
これはラズベリーとたぶんリンゴンベリー入り
フリーズドライのベリーの酸味がアクセントで美味しい
☆この上の2枚の写真の向きが逆なのがどうにも気になる



16チョコいろいろ.jpg
ファッツェルの塩キャラメル(左上) ファッツェルのブルーベリー(左下)
リンツの塩キャラメル(真ん中)   coopブランドのヘーゼル&キャラメル(右)


16 ヨーロッパチョコ2.jpg
アイスで有名らしいMagnumのラズベリーチョコ ベースがダークチョコだった!(左)
egualeというメーカー?スウェーデンで買ったけどスイスのだった
パッケージの鳥に惹かれて購入の58%(中央)
スウェーデンのMarabouの全粒粉クッキー入り(右)


写真には取り忘れたけど 他にもベリーとキヌアとか・・・

板チョコの中にフリーズドライのフルーツやナッツ系のものが入ってるのが多かったかも

こういうの 案外日本にはないよね

明治とかもこういうのを作ればいいのにと思う

板チョコはチョコそのものを味わえるから好きだし

こういうバリエーションで楽しめるのがいいと思う

昔は「チョコレート菓子」的なものも好きだったけど

今は あぁいうのに使われてるチョコは品質もイマイチでチョコの味がしないと思う

ついつい食べ過ぎてしまう魅惑のチョコレート

昔は何も考えずに食べてたけど 

年を重ねるごとに色々考えながら食べてしまう悲しさよ

う〜ん でもチョコを食べてる時は幸せだなぁ

今はちょいちょい食べてしまうけど 真夏は不思議とチョコを欲しない

だから今年の残りの日々でゆっくり味わいたいと思う 唯一の自分土産だからね〜

カカオを発見し チョコという美味しい食べ物を発明してくれた先人に感謝


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | ヨーロッパの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

RJ 旅の戦利品


今回のRJ 旅の戦利品は・・・

各国のビール・・・の空き瓶&缶

16日間で飲んだビールの数は多分30本位?!

全部は持って帰って来られないので 厳選の10本と1缶

タオルやらTシャツやらにくるんで 大事に持って帰ってきました

これをカフェに飾ることで ヨーロッパからのお客さんとの話のきっかけになれば

こんなに楽しいことはないと思う


15 RJのビールコレクション.jpg
早速今年のビールコレクション(一番右だけ去年)


右の缶はラーシュが買っておいてくれたスウェーデンのBioビール(5%)

水彩画のようなラベルが美しい

その隣の2本(おじさんの横顔)もスウェーデンのBioビール(3.5%と5.3%)

その隣 ちょっと背の高いボトルはドイツのジュンイチさんが買ってくれたもの

RJ曰く この旅の中で一番好みだったとか(4.8%)

その隣の可愛らしいラベルもドイツ(5.1%)

緑の鳥のはバーゼルのマークが買っておいてくれたもの(4.8%)

白いラベルの下部に魚の尻尾のデザインは前述の通り

ライン川にサケを戻そうプロジェクトのもの(5.2%)

そしてベロ出しの王様のラベルは一番右のと同じところのでいずれもBio

BLOND(5%) と AMBER(5.2%)

最後の2本がフィンランドで飲んだもの

フォークを掴んでいるデザインのもの(5%)はバーガー屋さんで飲んだもの

ブルーのシャレたのは湖の前のカフェで飲んだもの(4.2%)

あたしはちょっと味見する程度だったからあんまり覚えてないんだけどね

ちなみに あたし個人的には好みのビールは3種類あって

比較的アルコール度数の低い 苦味の少ないタイのチャンビールと

アルペンハーブが香る オーストリアのエーデルワイス

それから同じ系統で ベルギー直輸入の白濁(しろにごり)

今は大して飲めないんだけど これらは美味しいなぁと思う

何はともあれ みなさんのご協力のもと 日本では飲めない

色んなビールが飲めてよかったね〜

せっかく飲んでもなかなか味を覚えておくのは難しいから

今度はビール手帳を首からぶら下げておけばいいと思います

みなさんの好きなビールはなんですか?




posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 ☔| Comment(0) | ヨーロッパの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

ヘルシンキ滞在最終日 そして日本へ


いよいよこの旅最終日の朝となった

いつも通り早くに目が覚め なんとなくメールやFBをチェックしていたら

ヘルシンキに住むミチくんからメッセージがきていた

「今ヘルシンキですか?」と一言

もしや出張から帰って来てたりして?!そう思い・・・

RJはまだ寝ていたので 今ヘルシンキに居て今日の夕方の便で帰ること

日中はとくに予定がないことをRJの代わりにメッセージした

・・・そしてミチくんがヘルシンキに戻ってきていることが分かり

今日のお昼に会えることになったのだ よかった!

今回は会えないものだと思っていたから嬉しかった

朝食を摂り 最後のパッキングと簡単な掃除をし

11時に宿の前に車で迎えにきてくれた ありがたや!

そして宿から海沿いを走り 友達の友達が設計に関わったというカフェへ

特徴的な建物のカフェにはこの国らしく「サウナ」も併設されていた

Loyly http://www.loylyhelsinki.fi/fi/etusivu/


14カフェ全貌.jpg
なんかあんまりいい写真がなくて残念!


14フィンランドのカフェ.jpg
カフェ内部から


14オシャレな照明.jpg
オシャレな照明


ミチくんはお昼過ぎからまた打合わが入ってるとのことだったので

ランチだけ一緒にして 打合せが終わったらまた待合せということになった


14同級生.jpg
同級生


14サーモンスープ.jpg
フィンランドのソウルフード=サーモンスープ


14めっちゃいい景色のカフェ.jpg
景色抜群


14フィンランドのかもめ.jpg
フィンランドのカモメはデカイ


短時間だったけど1年ぶりに会って近況などを話せてよかった

ミチくんたちはもうすぐ カミーラの仕事の関係で

1年位お隣スウェーデンに引っ越すことになっており・・・

なんと明日は船でスウェーデンに渡り 大きな荷物を少し運ぶんだって

涼しい顔で来てくれたけど 忙しい時にわざわざありがとう!!!


ミチくんが打合せに行った後 暫くしてから店を出て海沿いを歩き始めた


14 別のカフェ.jpg
近くのカフェも外席が大人気 少しでも多く陽を浴びたい!ってかんじ?
ちなみによ〜くみると上にテグスがあるのはカモメ避けなのです


14お日様チャージ.jpg
ここでもお日さまチャージの若者たち


14水泳後の老夫婦.jpg
お年寄りだってここぞとばかり海に入り 陽を浴びるのです


ずっと海沿いを行くはずがちょっとずつズレてきて公園のほうに。。。

するとストックホルムでもよく見かけた鳥の集団が!!!


14嫌われものの鳥.jpg


ストックホルムではじめて見て「わ〜面白い顔の鳥!」と思って近づいたら
エルサたちに「あれはあんまりよくない鳥だよ〜」と言われた
確かに公園に大繁殖してるし 何より「フン」が昔あった「う○こ花火」そっくり
うっかり昼寝でもしようものならひどい目に合いそう


13 素敵な集合住宅.jpg
素敵な集合住宅


暑い中1時間位かけて待合せの場所近くまで来た

いきなり暑くてちょっと参ったので港にあるオールドマーケットに入った

ここのマーケットは小さくちょっと観光チック

トイレだけ借りたけど あの市場に一つしかなく長蛇の列だった

みなさん 日本のように色々なところにトイレもないし

あっても有料だと コインを持っていない場合困るので

ちょっと早めに行くようにする・・・とかしましょう!(笑)

少し涼んで待ち合わせのヘルシンキ老院へ


14待ち合わせの観光地.jpg


しばらくしたら打合せを終えたミチくんが迎えにきてくれた

ちょうどあたしたちが空港へ行きたい時間に

彼も空港方面へ用事があるとのことだった 有難い!

一見とてもクールな彼だけど こうして少しの時間でも

会おうと言ってくれたことが嬉しかった ありがとうミチくん

そして空港で彼とも別れ 空港内へ・・・

とても混んではいたけれど 手続きはスムースに行ってよかった

荷物もなんとか23Kに収まってほっ(いつもそれが心配!)

そして夕方 ヘルシンキからフィンエアとJALの共同運航便で成田へと向かった

チケットはフィンエアだったけど乗務員は全てJALの日本人で

まだ海外気分で居たい自分としてはちょっと残念な気もした

帰りのフライト時間は短く 9時間半

今回は初っ端に色々あって鍛えられたから「あっという間じゃん!」

なんて思ってみたりして・・・

とりあえず観たいな〜と思ってた「アリー」を観たけど

ストーリー的にありきたりで「あ〜こんなんでアカデミー賞ノミネートか」

とか思ってしまった(ガガの歌は素晴らしいけどね)

去年はそれぞれ寝っ転がって寝られるほどだったけど

今回はほぼ満席&真ん中の席だったから トイレとかかなり行きにくかったのが残念

それでも映画の後は結構寝られたかな

帰りは何事もなく 無事に成田に着くことができた

そして安いチケット故 そこから電車で羽田へ移動し

鹿児島→屋久島という 移動移動の1日でした

買い出しをしながらカフェに到着したのは夜8時前位

帰宅した日の定番=まい泉のカツサンドと

お気に入りのチーズさつま揚げで簡単な夕食をして ある程度荷物を片付け

そして明日からの仕込みを大体済ませて眠りについた

今年のヨーロッパの旅が終わった

お世話になったみんな ほんとうにありがとう

そして来年も夫婦仲良くまた旅ができること 

みんなに再会できることを楽しみに また日常の生活を頑張るぜ!!!




posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 🌁| Comment(0) | ヨーロッパの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

ヘルシンキ滞在2日目


友人宅でないところで目がさめるのはこの旅 二度目だ

毎日日付が変わってから寝ていたけれど なぜか昨日はとても眠く
    
まだ完全に明るい11時前にベッドに入った そして朝8時までぐっすり

白夜の国の夏至前は夜12時過ぎまでほの明るい
(現在の日の入りは23時ごろ 日の出は4時頃)

朝食は去年 友人の奥さん=フィンランド人のカミーラからお土産にもらってとても気に入った

甘味のある黒パン=サーリストライスレイパと シリアル&ヨーグルト

そして大好きな平桃 ミックスベリーのジュース

ゆっくりと朝食をとった後 予約を取っておいた「アアルト」の自邸&アトリエ見学へ向かう


13 トラムの線路.jpg
トラムの線路が街と緑と一体化していて美しい


13 トラム.jpg
トラムが来た!


アアルトは現在のフィンランド建築・デザインの礎を築いた人

去年は来られなかったから 今回とても楽しみにしていた

自然に馴染むすっきりとした外観の自邸は 細部まで拘った内装や家具などがあり

冬の日照時間が極端に短いこの地らしく 採光や照明がとてもよく考えられていた

英語のガイドだったけれどとても分かりやすく 今までざっくりとしか知らなかった

アルバアアルトとその二人の妻の仕事や暮らしぶりをもう少し知ることができた


13アアルト自邸入り口.jpg
自邸入り口


13 アアルト自邸書斎.jpg


13 アアルト自邸屋上.jpg


13アアルト自邸居間.jpg


13 アアルト自邸照明.jpg


13 アアルト自邸模型.jpg


自邸から 今度はアトリエへ移動し まだガイドツアーに参加するも

こっちのガイドさんは もの凄い訛り(巻き舌系)のある英語で 聞き取りがなかなかハードだった

説明も建築についてというより現在のアアルト財団のことや

歴史などについてが主だったので知りたいこととちょっとズレていた

そんなこともあって あたしはど〜にもこ〜にも眠くなってしまった

なので説明を聞くのはそこそこに 割と自由に見学させてもらった


13アアルトアトリエ外観.jpg
アトリエ外観


13 アアルトアトリエ窓辺.jpg


13 アアルトアトリエ.jpg


13 アアルトアトリエ現在も.jpg


13アアルト自邸で限界!.jpg
アアルトの椅子が気持ちよすぎて・・・ごめんなさい


13 寝る.jpg
外の芝が気持ちよすぎて・・・


RJはこのふたつの建物を見て色々とインスピレーションが湧いたみたい

かなりゆっくり見学できてあたしも楽しかった


13 芍薬.jpg
芍薬はオリエンタルなイメージ それがウケるのかヨーロッパで人気


13金の鎖の樹と.jpg
ストックホルムで見かけて好きになった「ゴールデンチェーンツリー」


13車に黄色の花.jpg


13 黄色の花.jpg


そこから少し歩いたところにある湖沿いのカフェへ


13 RJカフェへ.jpg


13 素敵なカフェの外観.jpg


なんという素敵なロケーション!!!湖を見ながら外席でのランチは最高だった

ここに住んでたら毎日来たい!という感じで サーモンサンドもキッシュも

とても美味しかったけど お値段はやはりびっくりするほど高かった(笑)


13 キッシュ.jpg
キッシュはとても美味しかった


13ケーキ.jpg
キッシュの味から期待してケーキも頼んだけど・・・残念!


13 おかわり自由.jpg
こちらは紅茶のコーナー コーヒーコーナーはまた別にある


13 外を楽しむ人々.jpg
外の雰囲気を楽しむ人たち それにしてもみんなタトゥーが好きだなぁ


ちなみに瓶ビール(330ml)6.9ユーロ  (ちなみに1ユーロ=120円位)

サンドとキッシュがそれぞれ8ユーロ ドリンクが3.2ユーロ

ケーキが5.9ユーロと5.4ユーロ 合計37.4ユーロだから5000円位?

コーヒー紅茶はオーダーすればお代わり自由ではあるけどね

でもとても贅沢な気持ちになるいいカフェだった

こういうところは味だけじゃないからね!

そして帰りにハカニエミマーケットに行き(改装中)今晩の食材探し

ここに来たらやっぱりサーモンでしょ!という訳で

生サーモンのスライスとサーモンのスモーク2種

それからスウェーデンでファンになった小エビ(イカのような旨味)を

ヨーグルトソースで漬けたものを買った


13サーモン屋のおじさん.jpg
サーモン屋のおじさん
サーモンを頼むと上に大量のディルとピンクペッパーをかけてくれる


13 市場の人.jpg
色とりどりの野菜を売るひと


13 市場の中のパンや.jpg
パン屋さん デニッシュがデカイ!


帰りしなスーパーで買ったルッコラとミニトマトと黒パンで夕飯に

デザートはブルーベリー こちらも甘酸っぱくて美味しい

いやいや やはりサーモンの国 旨いっ!新鮮な油が美味しい


13夜ご飯アップ.jpg


13 夜ご飯.jpg


そりゃ〜こんなん食べてたら太るわなと思った

RJはこの旅ラストになる?ビールを2種試して サッカーを観ながら寝てしまった

友人知人 誰とも会わない初めての1日はこうして暮れていきました


posted by ノマド at 00:00| 鹿児島 🌁| Comment(0) | ヨーロッパの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする